純粋で率直な思い出
2007年8月23日 発売 HACD-014 HeadachSound/PERFECT MUSIC  2,300円(税込)
1,ミサイルの長旅 2,世界は廃虚だ 3,ハンディッキャッパー 4,お尋ね者 5,ミルクを飲もう 6,純粋で率直な思い出 7,ジャッジ 8,お花が咲いたよ 9,叩け抽出プラン 10,所在無し
説明無用のオリジナルニューウェーブバンド「突然段ボール」の30年目の回答!!
この際、余計な説明は無用であろう、突然段ボールの新作である。1977年に蔦木栄一・俊二の兄弟によって結成されたノイズユニットが様々な形態をとりながら今日まで活動を続け、2007年にアルバムとしては通産12作目の新作をリリースするのである。
結成当初から商業主義的音楽とは一切無縁の「表現活動」を行ってきた蔦木兄弟であるが、今作と前作「この世に無い物質」との違いは兄・栄一の不在、であろう。2003年の栄一の永眠後、残された俊二によって突然段ボールは止まることなく、創作活動を展開してきたのである。
栄一の永眠直前から模索されていたバンド形態での活動はその後も続行され、1995年発表の「スーパー」以来、久しぶりのロックバンド編成によるアルバムとなった。俊二がリードボーカルに転向した後の処女作「お尋ね者(2005年)」の次の作品にあたる。ちなみに今作の歌詞は全曲、兄・栄一によるもので 78年頃に書かれたものが5曲、他界直前に書かれたものが5曲収録されている。(Perfect Music HPより引用)
蔦木俊二:VO,Gr、松浦徹:Gr、與板久恭:Bs、平野智美:Dr、與板由希子:Cho、五所純子cho、手計舞:Cho、與板由希子:Cho