VA/Post Flag
2008年07月15日発売 Call And Response CAR94 CD 2100円(税込)
1, Reuters / tacobonds /2, Field Day for the Sundays / Tiala /3 ,Three Girl Rhumba / cottonioo /4, Ex Lion Tamer / 突然段ボール /5, Lowdown / Groundcover /6, Start to Move / Bossston Cruizing Mania /7, Brazil / アゴーレーカルキン /8, It's so Obvious / Worst Taste / 9 ,Surgeon's Girl / 百蚊 /10 ,ink Flag / ヨルズインザスカイ /11, The Commercial / Electric Coma Trio/12, Straight Line / Fluid /13, 106 Beats That / 春風堂 /14,Mr. Suit / And About Hers /15,Strange / Panicsmile /16, Fragile / 石橋英子 /17 ,Mannequin / Mir /18 ,Different to Me / UMIBACHI /19 ,Champs / Her /20 ,Feeling Called Love /Accidents in Too Large Field /21,12XU / サラダバー イギリスのポスト・パンク・バンド「Wire」のカバー・アルバム!
UKバンドWireはパンクの時代で最もオリジナルで影響力があるバンドであると、ポスト・パンク考案者らは口々に言う。このコンピレーションはWire の1977年デビューアルバム「ピンク・フラッグ」全曲を日本の21バンドがカバーし、1つに集めたものである。バラエティに富んだ様々なバンドらが Wireの曲をそれぞれ幅広く自由に演出・演奏した。ハードコア・パンク/ノー・ウェーブなFluidから、エキセントリックなピコピコバンドの cottonioo、エレクトロ‐ダブなElectric Coma Trio、そして即興インストゥルメンタルなピアニスト石橋英子など。全ての曲に共通しているのは、それぞれのバンドが自らなりにアレンジしてはいるが、 Wireのエクスペリメンタルでポップな感性に誠実であること。
Wireもニューアルバムリリースをこのコンピレーション発売と同じ7月に控えており(2003年から5年ぶり!)、このタイミングに合わせてコンピレーションをリリース。( BRIDGE INC HPより引用)