? 突然段ボール | TOSTUZEN DANBALL.COM ? ?

問合せ

『突然段ボール』とは

蔦木兄弟を中心に1977年、美術イベントのパフォーマンス・バンドとして結成、世界的なパンクや ニュー・ウェーブ・ムーブメントとあいまって1980年、トリオ・レコードよりデビュー、以来自主レーベル「FLOOR(「日本カセット・テープ・レコーヂング)を運営し、コンスタントにアルバムをリリースし、その後、徳間ジャパン・コミュニケ ーションズより全て再発CD化される。
現在ロック・バンド形態、ギター&エフェクティック・パーカッションによる即興、Macintosh コンピューターによる打ち込み等、ポップとアバンギャルドを縦横に行き来している。

『突然段ボール』とは

1977
ロックバンド「突然段ボール」結成。都内ライブハウスで主に活動。
1980
PASS レーベル(トリオレコード) から「ホワイトマン」でシングルデビュー、同年、グンジョ-ガクレヨンとのカップリング EP 「pass live」」発表。
1981
アメリカ・オハイオ州アクロンのクローン・レーベルより「Bowling Ball 2に唯一日本のニューウェーブグループとして1曲収録 「Jelly beans Sayで参加。PASS レーベルよりファーストアルバム「 成り立つかな?」リリース。
突然段ボールの自主レーベル 「FLOOR設立。(1981~1985 年の間に突然段ボールを中心にサボテン、SASS、バサラ、フォースミュージック、アルを自主制作発表する。)
自主レーベル設立と共にライブ等の自主企画を開始する。
1982
FLOOR より来日したイギリスのバンド、ヘンリーカウのギタリスト、フレッド・フリスとの共演カセット作品「フレッド・フリス&突然段ボール」をリリース。
1983
日本, イギリス間で互いのテープを交換し合い、音を重ねる方法でイギリスのサックス奏者ロル・コックスヒルとの共作アルバム「ロル・コックスヒル&突然段ボール」を FLOOR より、リリース。アルバムリリース後、ロル・コックスヒル来日コンサート企画、共演。
FLOOR より「神経質プーハー / 突然段ボール」17cm LPレコード リリース。
1985
フランス「NATO」レーベル (ヨーロッパのジャズ、フリージャズ, フリーミュージック系の作品を発表している。) の日本でのディストルビューションを行う。
ジャパンレコードのコンビレーションアルバム「REBEL STREET《に1曲(飲み水)参加。
FLOOR より「逆ねじ/突然段ボール《20cm LPフォノシートリリース。
1991
徳間ジャパンWAXレーベルより6年ぶりの新作CDアルバム「抑止音力/突然段ボール」リリース。
「成り立つかな?」「フレッド・フリス&突然段ボール」「ロル・コックスヒル&突然段ボール」徳間ジャパンWAXレーベルよりCD化、再発売する。
1993
WAXレコーズより「好きだよ」リリース。
カセットテープ作品の自主レーベル「日本カセット・テープ・レコーヂング」を設立。
1994
「日本カセット・テープ・レコーヂング」のコンビレーションCD発表。
1995
「たま」のパーカッショニスト石川浩司との共作CD「石川浩司+突然段ボール/ワカラナイ」を日本カセット・テープ・レコーヂングより、リリース。
ベースにモーリー・ロバートソン、ドラムにチコ・ヒゲを迎え、ライブ活動開始。同メンバーでCD「スーパー」を徳間ジャパンコミュニケーションズより発表。
1996
ベースに粟生こずえ、ドラムに永田裕とメンバーチェンジ。
1997
永田裕の脱退により、蔦木兄弟,粟生のトリオで現在活動中。
結成20周年記念未発表曲集アルバム3枚組CD「アイ・ラブ・ラブ」をOZ discより発表。
1998
15年ぶりの共演、新録CD「Lol・Coxhill+TOTSUZEN DANBALL2」を徳間ジャパンコミュニケーショズより発表。
1999
10月20日最新CD「突然段ボールの感傷音楽」をOZ discより、シングルCD「突然段ボール/デラックス・シングル」をワイルド・チンポより同時発表。
2000
突然段ボールとPANICSMILEの合体バンド「恋に生きる《結成、蔦木栄一(Vo),蔦木俊二(Gr),安田憲一(Gr),吉田ハジメ(Bs),石橋英子(Ds)でライブ活動を行う。
5月、兄栄一が病気入院(硬膜外膿?)により活動休止、栄一抜きで「恋に生きる」ライブ活動を続ける。11月、栄一退院により、復帰する。
「P*VINE RECORD」より2枚組コンピレーションアルバムCD「TADAH! TRIBUTE SHIFUKU DEKA」に「ランチ」という曲で1曲参加。
同メンバーで2001年よりバンド吊を「突然段ボール」に戻し、活動を行う。
2001
「Headach Sound」より、2枚組コンピレーションアルバムCD「Strange Circus」に「抑揚ある青春」「ジャンルが気になる育ちです。」の2曲で参加。
その後、新たな音楽発展の為、PANICSMILEとの活動を休止し、ベースに与板久恭、コーラスにおにんこを迎え、リズムは打ち込みという編成でライブを精力的に行う。
2002
同メンバーで2月「ホルモン・タンク・レコード」よりCD「この世に無い物質」を発表。
2003
8月25日「蔦木栄一」肝硬変の為、この世を去る・・・。今後、弟「俊二」を中心に活動して行く。編成は蔦木俊二Vo,Gr、與板久恭Bs、平野智美Ds、手計舞,與板由希子Choとなる。
2004
松浦徹Gr加入。
2005
9月蔦木栄一亡き後、初の新録ミニCDアルバム「お尋ね者」日本カセット・テープレコーヂングより発表。五所純子Cho加入。
2007
8月PERFECT MUSIC/HeadachSoundより結成30周年記念CD「純粋で率直な思い出」発表。
2008
11月蔦木栄一が逝去してから初となる、弟・蔦木俊二の主導による新編・突然段ボールが新たなるオリジナル・アルバム「D」を11月7日にリリースする。
2009
コーラスの手計舞、與板由希子、五所純子脱退。その後、コーラスは何人か入れ替わるが、固定メンバーと成立せず現在(2011,11)に至る。その後、ドラムスの平野智美も諸事情により脱退。8月、91年の名盤「抑止音力」P-Vine Recordよりイリシュー発売される。
2010
夏、突然段ボールの代表曲のリミックス・ミニ・アルバムCD-R「魂の一人旅」「山岡康弘」をエンジニアに迎え発表。同時期、新ドラムスとして「中野善晴」正式加入。
2011
春、新メンバーとしてキーボード&コーラスの「ユキユキロ」正式加入。4月、前作「D」より、新メンバーにて、3年ぶりの新作「ありきたりの進歩」を録音、ミックス、マスタリングは「中村宗一郎」(ゆらゆら帝国、ギターウルフ等)を迎え制作、9月、P-Vine Recordより発売。現在に至る。

COPYRIGHT (C) TOTSUZEN DANBALL ALL RIGHT RESERVED.